ペット関連事業

ペットカフェ(猫カフェ等)

既に喫茶店を始めていらっしゃる方が、そのお店をペット同伴可のペットカフェにするときは、喫茶店に関して新しく何かを届け出るということはありません。

新規にペットカフェを開業したい、という方は、まず「喫茶店営業許可」(内容によっては飲食店営業許可)が必要になります。許可申請は、お店を管轄する保健所に行います。

許可を受けるためには営業所内に一人、「食品衛生責任者」を設置しなければなりません。これは調理師などの資格を持っている方であれば保健所に届け出るだけで大丈夫です。資格がなくても、講習を受ければ資格を取得することができます。

 

近年では、保護猫などを対象にした「猫カフェ」が増えていますね。 

喫茶店経営の許可を得て、猫カフェのように常に猫がいるようなお店にする場合ですと、第一種動物取扱業の登録をすることになります。

 

 

人と動物が同じ場所もしくは隣接する場所で飲食をするのですから、衛生環境を整える必要があります。


ペットと泊まれる宿

既にホテルやペンションを始めていらっしゃる方が、そこをペット同伴可の宿泊施設にする場合は、新しく何かを届け出るということはありません。

新しく開業したい、という方は、「ホテル・旅館業許可」が必要になります。

保健所に許可の申請をするものですが、宿泊施設の形態によって許可の種類が異なりますので、注意が必要です。

 

これも、ペットの預かりまで行うようでしたら、第一種動物取扱業の登録も必要になります。

 

衛生面で気を配らなければいけないことは、ペットカフェと同じです。


ペットショップ

生態販売を行う店舗型とインターネットを使用した無店舗型があります。

どちらも第一種動物取扱業の登録が必要になります。

 

店舗型の場合、欲しがっているからと安易に売りつけることをせず、その人が本当にペットを飼うことができるのか、そのペットがその人のライフスタイルに合っている動物なのか、ペットの最期まで責任を持てそうかなど、購入希望者とよく話し合ったうえで売買を進めることが大切です。

また、展示されているペットの健康管理には、十分に配慮が必要です。広さ・温度・清潔な水・トイレの掃除など。

 

無店舗型の場合は、動物専門輸送業者と契約するなどの注意が必要です。

 

ブリーダーの中には、虐待と思われる繁殖の仕方をさせている者もあります。そのようなブリーダーからは、絶対に動物を仕入れないようにすることも、動物を扱うものとしての道徳的義務です。

 

売れ残った動物の、その後のケアまで考えた営業を行いたいものですね。



第一種動物取扱業を始める場合は、開業開始前に登録を受ける必要があります。

申請先は都道府県知事、または政令市の長です。登録後も5年ごとに更新が必要となります。

第一種動物取扱業者は、事業所ごとに1名以上の常勤かつ専属の「動物取扱責任者」を選任し、さらに事業所ごとに、重要事項の説明を行う職員(動物取扱責任者と兼任可)を配置すること等が必要です。

動物取扱責任者には一定の資格要件がありますので、当事務所にお尋ねください。

当事務所では、ペット関連事業に関する届け出や許可申請等を行っております