告訴・告発

ペット法務のページにある動物愛護法違反に対する刑事手続きの項と同じ内容になりますが、市民法務としても載せておきます。

 

あなたが被害にあった時、または犯罪を知った時、被疑者に対して刑事責任を追及したい場合に取り得る手続きをご紹介いたします。

被害届の提出

被害者が「こんな被害にあいました」と被害にあった事実を警察等の捜査機関に申告することです。

被疑者が特定できていない場合に使われることが多いです。

あくまでも事実の申告に過ぎないので、捜査するかしないかは警察等の判断次第になります。

 

告訴

警察や検察庁等の捜査機関に対して、被害者(法定代理人・親族などの告訴権者含む)が、どのような被害を受けたかという犯罪事実を申告し、その被疑者に対して国による処罰を求める意思を表すことです。

被疑者が特定できていないと受理されにくい面があります。

告訴状が受理されれば自動的に捜査が開始されます。

 

告発

警察や検察庁等の捜査機関に対して、被害者でも告訴権者でもない市民一般が、行われている犯罪事実を申告し、その被疑者に対して国による処罰を求める意思を表すことです。

ただし、親告罪の場合、性質上、告発はできません。親告罪は、被害者等による告訴のみとなります。

告訴状と同じく、被疑者が特定できていないと受理されにくい面がありますが、受理されれば自動的に捜査が開始されます。

 


告訴・告発は、書面で提出することも口頭で申し立てることもできます。

 

当事務所では、告訴状・告発状の作成をお受けいたします。