· 

動物愛護法罰則の厳罰化にむけて

子猫虐殺で罰金20万円。

哺乳類って、とても感情豊かな生き物なので、きっとこの子猫は想像を絶する恐怖の中で絶命したことでしょう。で、罰金20万円。

価値観は人それぞれですが、私は、動物を殺す、しかも最大の恐怖を与えて殺すことの罰としての20万円は、軽すぎると思っています。

 

それに不思議なことに、動物殺しは常習化するんですよね。

ネットニュースで有名になった埼玉県の元税理士も、13匹もの猫を虐殺していました。捕まらなければ、その数は増えていったでしょう。

 

動物愛護に携わる者たちは、動物愛護法の改正に向けて要望書を出したり署名を届けたり、地道に働きかけをしてきました。

しかし、ペットショップ業界と密接な関係を結んでいる国会議員の反対で、何も進んでいません。

 

じゃあ、良いです。

せめてブリーダーやショップとは関係のないところである、罰則の厳罰化なら実現して貰えませんか。

それを行うことで困る人なんていないでしょ!

 

今、動物環境・福祉協会Evaさんが、署名を集めています。

心ある方のご署名をお願いいたします。