· 

遺されるペットのために

お独りさま飼い主のかた。

高齢ご夫婦だけで飼われているかた。

子供たちはおそらくペットを飼えないだろう環境に居る、親御さん飼い主のかた。

その方々にお伝えしたいことは、あなた方にもしものことがあったらペットはどうなるのかを「元気な今だから」考えて欲しい、ということです。

 

新型コロナウイルスの猛威で、小さなお子さんが居る若夫婦の夫婦共に感染してしまった、というご家庭があります。

隔離中、誰が子供の面倒を見るのか。

人間に関しては、祖父母や親せきになるでしょうね。もしかしたら行政が関わってくれるかもしれません。でも、ペットは?

 

入院中、預けるのか家に来て世話してもらうのか。誰に。

自分たちが死ぬようなことがあったら、新しい飼い主に飼ってもらうのか。誰に。もしくは老犬老猫ホームに入居させるのか。何処の。

 

「動物愛護センターで新しい飼い主を見つけてくれるんじゃない?」

いいえ。地域にもよりますが、一週間ほどで殺処分される場合がほとんどです。

 

ペットは「愛玩動物」と訳されますが、私は「人間外家族」だと思っています。家族なんです。家族のことなんです。

 

遺言。信託。生命保険。生命保険と信託の組み合わせ。

今の飼い主様の状況なら、どれを使うか。

老犬老猫ホームの希望場所。希望場所が一杯だった時の場所。

 

考えて決めてください。

そのお手伝いは、いくらでも致します。