· 

アニマルポリス立ち上げを望む

動物愛護法違反に対する厳罰化を望む声は、高まっています。

現行法に対しての批判が大きいんですよね。

確かに、鬼畜の行為のわりに刑が軽い。

 

現行法では、「愛護動物をみだりに殺したり、傷つけた者」は、2年以下の懲役または200万円以下の罰金に処す」です。

ふむ。まだ、これがそのまま適用されていれば、批判の声は小さかったかもしれない。

 

現実は、執行猶予がついたり、はては起訴さえされなかったり。

 

なんでしょうね、これは。

このままだと、最高刑が死刑になったとしても、執行猶予がついたり、起訴されなかったりでは、絵に描いた餅ですよね。

 

杉本彩さんが提唱している「アニマルポリスの設置」。

強制立ち入りができ、強制保護ができる。

これ、非常に強いですよ。

刑がどうなろうと、まずは目の前で虐待されている動物を保護できるんですから。

 

当事務所は、動物愛護法違反に対する刑の厳罰化と同じくらい(心情的にはそれ以上に)、アニマルポリスの設置を求め、署名運動を支持します!

 

できることから、始めの一歩を。